【第6回】NPO編「福祉に関わってみて、自分の知らない世界が見えました」

インターン先企業】特定非営利法人バウムカウンセリングルーム
【人の役に立ちたい学生さん募集】|【1日~短期OK】|NPO法人の経営計画と障がい者自立支援のおシゴト

インターン生】黒川莉奈 南山大学/総合政策学部/総合政策学科/4年

f:id:nasicworkplacementnagoya:20160915140732j:plain

 

今回は南山大学出身の黒川さん(写真左側の女性)の有給インターンシップ体験談です!

バウムカウンセリングルームは経済的な自立が見込める障害者のサポートをしているNPO法人です。

知的好奇心のあふれる黒川さんがそこでどのような体験をしてきたのかインタビューしてきました!

 

「バウムカウンセリングルームの有給インターンに参加しようと思った理由を教えてください!」

黒川さん)自分の知らない分野やいろんな世界を知りたかったからです。

そして、以前に認知高齢者をサポートするアルバイトはしていたのですが、自分が将来、社会的弱者と関わることになる時にその方たちに対して偏見を抱きたくないという思いがあり、アルバイトではなく仕事を通してその人たちと関わりたかったからです。

 

「どのような仕事内容でしたか?」

黒川さん)精神障害を持った方々の自立支援に携わりました。お部屋を訪問して、日々の悩み事や出来事をお伺いしていました。自分はアドバイスをする立場ではなく、話を聞いて一緒に悩みを解決していくスタンスで利用者の方と接しました。

直接関わることはできませんでしたが、利用者の方が主催となるファッションショーやデザートを食べる企画、クイズ大会等があり、とても充実しているように思いました。

施設の環境整備もしていました。各施設ごとに清潔に保たれているか、整頓されているか等を競い合って職員が掃除に力を入れていました。これはとてもユニークで、3回1位をとった施設の職員は海外旅行にいける!というものでした。

 

「掃除にもお楽しみ要素があったのですね!メインのお仕事である対話をする際に黒川さんが気を付けていたことはありますか?」

黒川さん)障害を持った方の中には周囲に見下されていると感じている方もいらっしゃり、話していても少しの態度や言葉が気になってしまいます。ですので、まずはこちらが話をしっかり聞き、相手の障害、状態を考慮し、かける言葉を考えました。質問項目は決められていたのですが、それを一つずつ質問をしていくのではなく、相手と自然な会話をするよう心がけていました。

 

「なるほど。簡単なようでとても難しいことですよね。今回の経験から黒川さん自身に何か変化はありましたか?」

黒川さん)自分の親戚に精神疾患を患っており中々定職につけていない方がいらっしゃいますが、一般的な人たちのモノサシで出来ないと見放すのではなく、その人に出来ることは何なのか、出来ないことは何なのか、寄り添って応援したいともっと思えるようになりました。

 

「黒川さんにとって『寄り添う』とは?」

黒川さん)その人が求める距離感で接し、何があっても味方であるという態度を示すことだと思います。お話を聞いたり、共通点を見つけてみたり、とにかく見放さないことなのかなと思います。難しいですが、やはり人には人が必要で、精神的な支えというのはとても大きいんだと気づきました。

 

「とても大切なことですよね。実際にお仕事をしなければ分からなかったことだと思います。お仕事を経験して、黒川さんが得られたことは何かありますか?」

黒川さん)NPOで働くということがどのようなものなのか、どんな人たちが働いているのかが知ることができました。自分の知らない世界をみることができたという点でとても満足しています!

大学ではいつも、富や名誉のあるスゴイとされてきた人たちから学ぶべきだと思っていました。しかし、NPOに参加してから自分たちと違った人生の歩みをしてきた人たちから学ぶことはとても多いと気づきました。利用者さん以外にも、NPOで働く職員さんのお話を聞くことは、今後の自分の働き方を検討する上でとても参考になったと思います。色々な人と共にお仕事することができたのでさらに自分の世界が広がりました!

 

「バウムカウンセリングルームの魅力を教えてください!」

黒川さん)NPOで働いている方々は若い方も多く、とても活気があり、風通しの良い職場でした。社長さんは30代の方で、なんと、21,2の時にこの仕事をたちあげた真の社会企業家です。将来、NPONGO,福祉関連で働きたいと考えている方、またはやったことのないことに挑戦してみたい方、ぜひバウムカウンセリングルームさんのもとで有給インターンシップしてみてください、学べることは無限大です!

 

「ナジックの有給インターンシップに今後も参加したいと思いますか?」

黒川さん)どんどん参加していきたいです!ナジックのカウンセラーの方はとても親切でした!私の就活の話も親身になって聞いてくれました。

 

「これから有給インターンシップを体験する学生へのアドバイスはありますか?」

黒川さん)やはり時間は有効に使うべき!大学生活で時間があるなら何でも飛び込んでしがみついてチャレンジしてみてください!

 

黒川さん、ありがとうございました!:)

 

記事を読んでいただきありがとうございました。

アンケートにもご協力よろしくお願いします!

docs.google.com

nasic-workplacement-nagoya.hatenablog.com